ずっと、ご自身の歯で噛んでいただきたい 予防歯科から口腔外科まで、質の高い「保存治療」で歯を長く残していきます。
ずっと、ご自身の歯で噛んでいただきたい 予防歯科から口腔外科まで、質の高い「保存治療」で歯を長く残していきます。

2015.06.18更新

いちょう通り歯科の院長、岩佐です。
今回のブログは、先日の入れ歯治療のお話の続きです。

【入れ歯は種類が豊富です】

さまざまな入れ歯が開発され、今では、いろいろな形態・素材の入れ歯がございます。
入れ歯の種類をご紹介したいのは山々なのですが、あまりにも数が多すぎて、このブログで文章としてご紹介するのには、ちょっと限界があるので割愛するとして・・・。
大きく分類すると、保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯に分類できます。

保険適用の入れ歯の最大のメリットは、「安価」という点でしょう。
そのかわり使用感や見た目的に、それなりというものが多いのも事実です。
保険適用外の入れ歯は、保険適用の入れ歯と比較すると費用がかかります。
しかしその分、使用感や見た目が良いという特徴があります。

【入れ歯はデメリットも多いです】

入れ歯メリットといえば、沢山の歯を失っている場合の治療法として優れている点と、元気な歯を削らずに治療することができる点、保険適用の入れ歯であれば、安く治療が可能な点です。

しかしデメリットも多く、定期的なお手入れが必要であったり、口臭の原因となったりするのはもちろん、何よりも咀嚼力が、他の治療法と比較すると格段に落ちてしまうという点が、デメリットとして大きいと言えます。
その為、インプラント治療などの方法が可能なのであれば、入れ歯の前に、検討してみる価値はあると思います。"

投稿者: 医療法人社団尚知会 いちょう通り歯科

お問い合わせはお電話にて承っております。TEL:042-590-2121
img-inquary_sp.jpg
ブリッジ・入れ歯・インプラント専門サイトへ スタッフBLOG Facebook デンタルローン
いちょう通り歯科から歯を失った方へ スタッフBLOG Facebook デンタルローン