ずっと、ご自身の歯で噛んでいただきたい 予防歯科から口腔外科まで、質の高い「保存治療」で歯を長く残していきます。
ずっと、ご自身の歯で噛んでいただきたい 予防歯科から口腔外科まで、質の高い「保存治療」で歯を長く残していきます。

一般歯科・小児歯科

麻酔法や治療の仕方でなるべく痛くない治療をご提供。
小児歯科は予防に力を入れています。

なるべく痛くない治療

当院ではなるべく痛くない治療を心がけています。表面麻酔やリラックス麻酔などを用いたり、検査の時点から優しい触り方や丁寧な器具の入れ方を徹底し、恐怖心や不安感を与えないようにしています。
また、歯を削る時なども、痛くないかを確認して様子を見ながら進めていきます。

当院の麻酔法

■リラックス麻酔法
リラックス麻酔法とは、静脈内鎮静法といい、緊張や痛みを感じることなく半分寝たような状態で治療をお受けすることができる麻酔法です。ハンモックでゆらゆらと揺られているような状態ですから、治療中の記憶はほとんどなく、眠りから覚める頃には治療は終了しているといったイメージです。

■表面麻酔
麻酔針を注入する際の「チクリ」とする痛みを軽減する麻酔を表面麻酔といいます。患部に直接薬剤を塗ることで皮膚を麻痺させますから、麻酔針が刺さる感覚を感じずに済みます。

■痛くないコツ
表面麻酔やリラックス麻酔法に加え、当院の院長は長年の経験から、麻酔をする際の痛みを軽減するコツを熟知しています。患者さまの気づかないうちに麻酔を注入してしまうため、「もう終わったのですか?」と聞かれることもあるのです。

小児歯科への取り組み

当院の小児歯科では、何より予防に力を入れて
お子さまの虫歯をつくらないことに努めています。

保護者さまに予防の大切さをしっかりとお伝えし、希望があれば定期検診をおすすめしています。
乳歯が2、3本生えてきた時点で、まずは一度検診にいらしていただきたいと考えています。その際、正しい歯磨きの仕方などもお教えいたしますので、幼い頃から一生虫歯をつくらないよう意識していきましょう。

当院の小児予防歯科

■ブラッシング指導
いくら歯科医院でのクリーニングをお受けいただいていても、毎日のご自宅でのケアを怠っていては意味がありません。当院では、虫歯を防ぐ正しい歯磨きをしていただくため、ブラッシング指導を行っています。保護者さまはもちろん、お子さまにもしっかりと指導していきます。また、虫歯を防ぐ効果があるとされている「フッ素」が入った歯磨き粉やジェルなどもおすすめ・販売しておりますので、ご興味がございましたらお気軽にお声がけください。

■フッ素塗布
歯や骨にいい影響を与えるとされている「フッ素」。それを、歯に直接塗布する予防法をフッ素塗布といいます。歯の再石灰化を促したり、細菌の活動を抑制させたりする効果があるため、虫歯や歯周病を予防することが可能なのです。

■シーラント
シーラントとは、歯ブラシの届きにくい奥歯の噛み合わせ部分を、プラスチックで埋めてしまう予防法です。そうすることで磨き残しや汚れが溜まりにくくなり、虫歯予防につながります。

よく噛んで食べましょう

近年、加工品や柔らかい食べ物を好むお子さまは、咀嚼率が低くなっています。そうするとよく噛まないで食事をすることになりますから、唾液の分泌が減ってしまうのです。

虫歯をつくらないための「再石灰化」という作業は、唾液が促してくれるものですから、よく噛んで唾液を出さないと虫歯ができやすくなってしまうのです。また、よく噛むことで顎も強くなりますから、必然的にキレイな歯並びになりやすいとも言われています。

また、唇を噛んだり横を向いて寝る、指しゃぶりなどの癖を幼い頃から繰り返していると、出っ歯や受け口、開咬などの不正咬合になりやすくなってしまいます。幼少期からこういった癖を正し、よく噛んで食事をすることが将来健康な口腔内を維持するために大切な鍵となるのです。

お問い合わせはお電話にて承っております。TEL:042-590-2121
img-inquary_sp.jpg
ブリッジ・入れ歯・インプラント専門サイトへ スタッフBLOG Facebook デンタルローン
いちょう通り歯科から歯を失った方へ スタッフBLOG Facebook デンタルローン