ずっと、ご自身の歯で噛んでいただきたい 予防歯科から口腔外科まで、質の高い「保存治療」で歯を長く残していきます。
ずっと、ご自身の歯で噛んでいただきたい 予防歯科から口腔外科まで、質の高い「保存治療」で歯を長く残していきます。

2015.07.07更新

いちょう通り歯科は、保存治療に注力しておりますので、安易に歯を削ったり抜いたりはいたしません。
ある時、このような私の方針を知っている方ではあるのですが、今は関西のほうに住んでいらして、別の歯科クリニックにかかっている方から、ご相談をいただきました。

その内容は、かかりつけ歯科医師に、「この歯はもう駄目だから、インプラント治療した方が良い」といわれたけど、本当にインプラント治療をしなければいけないのか?というご相談でした。
東京に来る機会があるとのことだったので、その時のレントゲンを持って診察に来ていただいたのです。
糸切り歯でしたが、私が見る限りその歯は、保存治療可能と判断できる歯であり「私だったら、治療できる歯を抜くことはない」とお話させていただきました。

私の考えは、基本は自分の歯を残すことです!
ただし、どんな歯でも残したほうが良いというお話でもないのです。
例えば、治療が必要な歯を残す事で、他の歯に悪影響を及ぼすようなケースの場合は、抜くという選択肢が必要になってきます。
いちょう通り歯科では、いろいろな可能性を考えつつも、「歯を残す治療」を基軸に、患者様によりよい治療をご提案していきます。

投稿者: 医療法人社団尚知会 いちょう通り歯科

お問い合わせはお電話にて承っております。TEL:042-590-2121
img-inquary_sp.jpg
ブリッジ・入れ歯・インプラント専門サイトへ スタッフBLOG Facebook デンタルローン
いちょう通り歯科から歯を失った方へ スタッフBLOG Facebook デンタルローン